スキー・スノボーに行く時により楽しくする工夫まとめ!

僕がスノーボードに行く時は旅行みたいなもので、せっかく関東から離れて雪山に行くんだから、スキー・スノボー意外も色々楽しみたいぜ!ってな気持ちになります。

そんな気持ちなので、日帰りよりも泊まりで行く事ばかりです。お金かかりますけどねw

そういうわけで、せっかく行くなら色々と楽しみたいじゃないかと、今まで行った中で色々なプランを立ててきたので

そんなスキー・スノボー意外の楽しみをまとめてみました。

車で行く!

学生さん同士でいく場合や、免許が無い方には難しいですが、車でみんなで行くことでより旅行感が増して楽しくなります♪

車内であーだのこーだの友人達とわいわい話しながら雪山に向かう

県外にでたら「●●県に入りました!いえーい」的なノリも周りの目を気にせずにできます(笑)

電車やバスで行く場合には回りに迷惑がかかるので、あまり大きい声で話せなかったり気を使ってしまいますが、車ではそういったことが無いというのも楽しさUPのひとつです!

ただ、運転出来る人が1人しかいなかったりして負担になったり、車で行くのが大変なスキー場も多いので、そういった所は考慮してあげてくださいね!

関東から車で行くのにオススメ!新潟(上越)のスキー場3選

2016.10.24

冬の音楽リストを作って聴く

僕自身が音楽好きというのもあると思いますが、冬の曲リストを雪山に近づいた位に聴くとテンションがあがります!

車で行く場合には、車内で曲がかかるのでみんなと一緒にテンションアップ。

なつかしい冬の曲などが入っていると、「なつかし~」と盛り上がりますし、冬や雪の曲を雪を観ながら聴くのは気分が気持ちも乗ります。

食べ物を楽しむ

駅付近のお店をチェックする

スキー場に行くまでの道のり、スキー場付近のついでだからこそ食べられるものを楽しむのも醍醐味です。

例えば電車で行く場合、新幹線で行ったりしますよね。

そのとき、新幹線の駅の付近で食べられるお店をチェックしておくのもいいと思います!

僕の場合は、スノボ前に上野駅で24時間営業のラーメン屋である一蘭に行ったり(いつでも行けるけどwww)、駅構内の蕎麦屋さんもおいしかったりします。

駅弁をたべるのもいいですよね!

サービスエリアを楽しむ

高速を使っていく場合には、途中にサービスエリアがたくさんあります。

海老名サービスエリアなどはものすごい大きくて有名ですが、サービスエリアのどこに寄って食事を取ろうと計画しておくのも楽しいですよね。

食べ物だけでなく、おみやげも売っていることが多くて買い物も楽しめます。

現地のお店・付近のお店で食事をする

現地近くにある人気のお店をチェックしておき、そこで食事をする計画を立てるのも楽しいです。

車で行った場合には、車を走らせても行けるので範囲が広がります。

また、ゲレンデで食べるカレーはなぜかおいしいんですよねw おそらく運動した後というのと気分の問題ですがw

シチュエーションだけでなく、ゲレンデ内のどのお店の食べ物を狙おう!というのも面白いです。

新潟の岩原スキー場には「やましん」という、おばちゃんが長年やっている小さな食事どころがあるんですが、ここのラーメンは当時ではめずらしく、「ゆず」の入ったあっさりラーメンで

ゲレンデで食べるラーメンでは異彩を放ってて毎回のように食べていました。

基本的にゲレンデは大きな食事どころで、どこも同じような味のお店が多いんですが

たまに『これはおいしい!』というお店もあるので、食事処さがしもけっこう楽しいです!

宿泊時に遊ぶ

宿泊したら風呂に入って癒やされて、皆で遊びましょうw

語らうのもたのしいですし、遊びに出かけるのもいいです!

旅館で飲み会!

お酒やおつまみを買って部屋で飲み会。

そこであーだこーだと話すのも複数人で来ていればかなり楽しくなりますね!

ただ、翌日滑る場合には遅くまで飲むと影響がでるので程々にしたい所。

温泉を楽しむ


スキー場の付近は温泉が出るところも多くあります。

草津温泉、野沢温泉などなど、温泉に入れるスキー場に行って夜は温泉に入りに行くのを一つの楽しみにしても良いと思います!

野沢温泉なんかは、温泉街も近くにあるので、夜は温泉街をぶらぶらしながらまわるというのも良いです!

パーティゲームをする


人数が集まっているなら、パーティゲームをするのもかなり楽しいです。

トランプ、UNOなどのカードゲームから、ボードゲーム等も楽しいです。

また、人狼ゲームなんかは、ルールさえ知っていれば特にモノが無くても出来ますね!

ボードゲームは最近話題になって、様々なものが出ているので、探して持っていくのもいいと思います!

ナイターへ繰り出す

ナイターでもっと滑ろう!というのもありです。

ナイターは昼間とは雰囲気が違って楽しいですよね。

以前、ナイターの際に無風でしんしんと雪が振っていることがあって、ナイターのあかりに照らされて何かのPVかなと思うことがありました。

新雪が表面に積もって滑りやすいし、すごく楽しかったのを覚えています。

宿泊施設で遊ぶ

宿泊施設にもよりますが、ホテルなどに泊まるとゲームコーナーがあったり、麻雀部屋が借りれたり、カラオケルームがあったり、卓球できたりという施設が用意されています。

そこでわいわいと遊ぶのも宿泊の楽しみですね!

さいごに

スキー・スノーボードに行く時の楽しみ方を僕なりに挙げてみました。

僕は『皆で楽しむ』というのが好きなので、スノボーも自分以外全員初心者でも教えながら滑るのがけっこう好きだったりします。

パークが充実している所、コースが多く有る所、壁などがあって滑りながらでも壁に登ってクォータパイプのように遊んだりすると言う楽しみ方もありますが、

今回は、初心者と行っても楽しくできる『ゆるく雪山に遊びに行きたい人』のプランとしてまとめてみました!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSHIN@nabakari.comをフォローしよう!

スポンサードリンク







シェアしてくれるとうれしいです!(^o^)