関東から車で行くのにオススメ!新潟(上越)のスキー場3選

僕は小さいときからスキー、その後スノボーとウィンタースポーツだけはそれなりにやってきているので、ゲレンデ知識は中々培われてきました!

小さい頃からやってたせいか、車を持つようになってからはなぜか初心者とばかりスキーに行きます

大人になってからでも意外とスノボーしたこと無いからやりたいっていう友人が多んですよ。



だから、ほぼほぼプロデュースすることになっちゃうていうか、もうむしろしたい!的なね!(死体って3回も変換されてしまった)



高校のときから夜行バスで白馬行ったり、磐梯山のほう行ったり色々したけど・・・



どこも遠い!!

夜行バスだったんで時間は腐るほど有るんですよね。途中で無駄に休憩がありまくるし、そりゃ遠くもいけますわな!運転手さん大変!

でも車持つようになって、自分の運転で行くってなったら、そんなとこ行ってらんねーってなるわけで



じゃぁどこ行くか・・・!?




上越でしょ! (ふるい)



関東から行くってなると、良く出てくるのが栃木のハンターマウンテンとかのイメージあります。

実際行ってたし。

宇都宮より少し先~♪みたいに思ったら近い感じがあるけど、高速の後の下道が長いので結構辛いです。

山道登ってる途中でスリップやら、登れないやらしてる車も全然いますし。(準備の問題とかも有ると思うけど)

でも、高速をビューン!っと行って降りたらはいスキー場! みたいなゲレンデも有るんですよ!ちょっと言いすぎだけど

どこかっていうと、新潟の上越です!!

そんなわけで、そろそろシーズンということも有り、今まで行きまくった新潟のスキー場の中から、


関東から車で行く場合に行きやすくて楽しい新潟のスキー場を厳選してみました!


ちなみに、高速でビューンって行けるって言っても、雪が多い時は高速でチェーン規制されてる場合とかも有るので、準備はちゃんとしてね。

雪が多いと関越トンネルを抜ける前にチェーン規制がかかっちゃってることがあって、その場合には関越トンネルを入る前に一回外さなきゃなのでスタッドレスタイヤだと安心です(^_^;)

なぜ新潟の上越なのか

もう色々なスキー場に行って、山道もなれっこだよ!って人は、どうぞ好きな所にお逝きなさい!

多分僕よりも雪道の運転スキル高いと思うので!!!

ここでは、あまり雪道&山道とか登ったことない人が行くって言う場合に、結構危ないし、疲れるし、スノボして疲れた後帰るのも辛いよ!っていう観点から、

『運転手に優しい(と実感している)』という意味でおすすめしてます!



まぁ、とりあえず、なんで上越がいいの?って話ですが

もう言っての通り、高速降りたら2分でゲレンデ♪ ってことです。



嘘です!!

玄関開けたら2分でご飯風な勢いでした!

2分は流石にないけど、10分程度で着けちゃったりします!

そして、何がおすすめかっていうと、

高速も下の道も温水が流れて道が凍らないようになっていたり、それ以前にまず山道を登る必要が無かったりするんですよ!

凍結した山道の恐ろしさを考えると、事故のリスクがめっちゃ低い!変な運転しなければとりあえず走れるでしょう!っていうレベルです。

高速を降りてすぐの場所だと、平日で渋滞がなくスムーズに行けちゃったときには、片道2時間半くらいで行ける場合も!

そんなわけで、つべこべ言わず、とりあえず新潟のスキー場を3つ紹介!!


上越国際スキー場

上越地方での最大級のスキー場!
http://www.jkokusai.co.jp/ski

アクセス

塩沢石打インターを降りてから道幅が広く頻繁に除雪がされていて雪もつもっていない主要道路(大雪のとき以外)をただまっすぐ!

左に見えてきた看板を曲がって進むだけ。晴れてたら雪道なしというアクセスの良さ。

駐車場も山を登らずのところにあります。

ホテルグリーンプラザ上越に行く場合や、その他の宿に行くときには少し山道を進むこともあるけど、他のスキー場に比べて除雪が行き届いているので、そういった場合でも非常にアクセスが良い!

ゲレンデ

最大級のゲレンデというだけあって、コースの数もかなり多め!

低い場所は狭いコースが多いものの、奥に行くと広いコースや長く楽しめるコースも多くて飽きない!

ゲレンデ内にレストラン等が多くあるので、どのリフトに乗っても食事や休憩にこまることが無いのも良いところ。

料金

リフト券は岩原と共通リフト券になってて、価格は4000円

ナイターも滑れる共通一日券は4500円

2日券は7000円。

↓料金詳細(公式サイト)
http://www.jkokusai.co.jp/ski/lift


岩原スキー場

上記の上越国際スキー場と共通リフト券になっている、ビッグバーンが特徴のスキー場です。
http://www.iwa-ppara.com/

アクセス

関越トンネルを抜けて、少し行った越後湯沢インターから10分程度。

こちらも道にお湯が流れて除雪されていることが多く、インターから非常に近いのでアクセスはバツグンです。

ただ、駐車場やゲレンデ内のロッジなどの宿泊施設へ行く場合は少し山道を登ることも。

道にもお湯が流れてるので、登るのが大変といったことはあまり無いです。

ゲレンデ

岩原の特徴は何と言っても広大に広がる一枚バーンです。

コース数こそ多くはないものの、このだだっ広い斜面を自由に滑るのはめっちゃ爽快!

そして、ものすごい広いので、人と接触する心配が少なく初心者にももってこいのゲレンデ です。


尚、上級コースになれば、スキー上級者も唸るコブがあるので、熟練スキーヤーから初心者スノーボーダーまで居るグループで行くといった場合でも楽しめると思います。

料金

先にも記載したように、上越国際スキー場との共通リフト券になっているので、一泊してどちらも楽しむといったことが出来ます。(少しゲレンデどうしは距離がありますが)

そのため、料金は上述の上越国際スキー場の金額と同じです。

↓料金詳細
http://www.iwa-ppara.com/liftfee


石打丸山スキー場

石打丸山は、上越国際と並ぶ大規模なゲレンデが特徴
http://www.ishiuchi.or.jp/

アクセス

関越トンネルを抜けてしばらく行った塩沢石打インターを出て、大通りをほど行くとゲレンデのふもとまで行けます。

上越国際よりもインターから近い点でアクセスはかなり良い!

だけど、ゲレンデの形状が八の字型になってて、どのゲレンデ(コース)に行きたいかで駐車場などを選ばなくてはならない点が少し面倒くさいかも。

また、ゲレンデふもとは宿がいっぱいある細い道が多くなってるので 車だと入りにくかったりする場所もあり。

ゲレンデ

ゲレンデは、八の字のようになってて、リフトを乗り継いだりするればどのコースにも行けるけど、帰る際には、初めに登ってきたコースまで戻らないといけないところが少し大変。

リフトが細かく設置されてて、色々なコースに乗り継ぎで行ける反面、その乗り継ぎが初心者には少しハードルが高い印象。

コースは壁のあるコースだったり、広くてなだらかなコースから、コブのある中~上級コースなど、バラエティに富んでて、初級中級者以上問わず十分楽しめるコースが揃ってる印象です。

料金

料金は、一日券が4300円、ナイターは別途2000円。

その代わりロング午後券という12時~ナイターまで滑れるリフト券(3600円)があったり、泊りで滑りに来る場合に便利な1.5日券(6800円)などの少し変わったリフト券もあり!

1.5日券は、前日の午後から翌日と、1日+2日目の午前までかを選べて到着時刻や帰宅時刻に併せてつかえるので便利!

1日目にがっつり滑って、翌日は疲れを残さない程度に13時上がりで帰ろうという場合に良いです。

帰りの運転手には負担がかからなくて良いんですよ!!!強制的に帰ることになるし!!!

↓料金詳細
http://ishiuchi.or.jp/fare/hours_fare/

雪山の景色

その他

3つのゲレンデを紹介したけど、個人的には、人気だけどどうなの!?っていうゲレンデも紹介しとこうかなってことで番外編!

ガーラ湯沢

関東でも有名だよね~

ここは車で来るというよりかは、新幹線で行ける ということで有名なゲレンデ。

その代わりか、1日券が4600円とちょっぴりお高め。

コース数も結構多くて楽しめます。また、ゲレンデが標高の高いところに位置しているので、全体的に雪質が良いのも特徴

ただ、新幹線でいけるということもあって人気があるので、車で行くのにわざわざここ選んじゃいます?って感じが否めないので、僕は行きません!(笑)

新幹線でビューン!って行きたいときに行くのがいいかな!

苗場スキー場

もう言わずと知れた超絶有名スキー場ですよね。

初心者どうしがグループで行こうと思うと、苗場しか出て来ないといった感じ。

学生くらいのときには、「スノボ!?苗場一択っしょ!」って地獄のミサワにいそうな言葉を吐いてるヤツいた気がする

だけど、むしろ初心者にはオススメしなかな~って感じのゲレンデですよマジで。


関越トンネルに入る前に月夜野インターで高速を降りて、しばらく山道を登る必要があるので、めっちゃ雪&山道突入します。

普通の山道なので結構運転手大変。

凍結していたりすれば、スリップの危険性も有りますしね。

雪道だけでなく、苗場スキー場のコース自体も特段初心者に優しいというコースも多くは無いのです。

どちらかと言うと、かぐら・みつまた・田代も行ける共通リフトで様々なコースに行けたり

山頂周辺なので雪質が良いってので、そういうのを求める中級者以上の方がオススメ。

もしくは、苗場プリンスで特別な夜を過ごすっていう目的があるならいいかな♪

単なる初心者で、名前知ってるからってだけで選ぶのは微妙だと思う。

まとめ

とりあえず、オススメした上越のスキー場に行っとけば特に間違いないよ!本当に!

車でワイワイ楽しく行くなら、雪道になるべく気を使わず安全に行けるほうが良いと思う。

でもちゃんと、スタッドレスタイヤかチェーンは持っていこうね!



■こちらの記事もおすすめです

スキー・スノボードに行く際の持ち物リストまとめ(初心者・日帰りから泊まりまで)

2017.02.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSHIN@nabakari.comをフォローしよう!

スポンサードリンク







シェアしてくれるとうれしいです!(^o^)