かんたんに脱着できる便利なFLOWのバインディングがおすすめ!

FLOWバインディング

スノーボードで一番面倒なのが、バインディングの着脱ですよね。

リフトに乗る前に後ろ脚のバインディングを外して、基本的には滑り始める前に一度座り込んで装着しないといけません。

「リフトから滑り降りる際にそのまま着けて流れるように滑り出したい!」と思いませんか?

僕も昔からそう思って「ステップイン」のバインディングを買ったのですが、雪が詰まって入らなくなったりと意外と不便でした。

また靴を買い換えようと思うと、そのバインディングに合う靴しか買えず、その上もう売ってないという状況になり、一旦諦めていました。

現在主流のバインディングでは、外すことは比較的簡単にできますが、装着は今でも座っている方が大半です。

ところが、現在は着脱が超絶簡単なバインディングが発売されているんです!

今回は、僕も使用しているFLOWの”ステップオン”とでも言うべきバインディングを紹介します!

おすすめするFLOWの簡単装着ができるバインディング

FLOWというメーカーのバインディングになります。

外国メーカーで日本語には対応してません。

ですが、ボードへの取り付けも他のものと同様に非常に単純で、使い方もシンプルなので特に困ることはありません。

グレードはいくつかありますが、着脱方法については基本的に一緒です。

FLOWバインディングの着脱方法

FLOWが特許をとっているのか、他のメーカーでは同様の着脱方法を採用したバインディングは無いようでした。

着脱方法はシンプルです。

  1. ハイバックをうしろに倒す
  2. そこから足を差し込む
  3. ハイバックを上げる

これだけで装着完了です!

動画がYoutubeにアップされていたので参考に貼っておきます!

FLOWバインディングのメリット・デメリット

メリットは今までも書いていますが「着脱が超簡単なこと」です。

リフトを降りる際のスケーティング時にそのまま装着できてしまいます。

時間の効率性を考えるとかなりの時間短縮になりますし、力を入れて絞めたりということも無いので初心者でも疲れず楽ちんです!

またステップインのように、金具に雪が詰まって装着できないということもほぼありません。

ステップインの場合、ブーツも対になるものを購入しなくてはいけませんが、FLOW式の場合ブーツは基本的にどれでも大丈夫です。

一方、デメリットは、ハイバックを前に倒せないため、後ろ足を外した際にはハイバックが後ろに倒れたり、立ったりしておりスケーティングの邪魔になる可能性がある点です。

ボードに対して後ろ手前側に後ろ足を置いてスケーティングする場合は、ハイバックが倒れていると邪魔ですよね。

持ち上げればスケーティングはできますが、そのまま装着しようという場合には、装着時にハイバックを後ろに倒す必要があります。

また、取り付け時にブーツの差し込みが甘いと、かかとがハイバックを踏む形になってしまうのでハイバックを上げられないということも稀にあります。

しっかりと奥までブーツを差し込む必要があり、コツが必要にはなると思います。

まとめ

面倒なバインディングの着脱から解放されて、リフトをおりながらスムーズに装着して滑り出す!

を実現するFLOWのバインディング!実際使ってみてその便利さに驚愕しました!(笑)

価格帯もそこまで高くないのでお勧めです!!

格安レンタルの罠!スノーボードをレンタルにするか購入するかの判断ポイント

2019.03.14

スキー・スノボードに行く際の持ち物リストまとめ(初心者・日帰りから泊まりまで)

2017.02.08

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSHIN@nabakari.comをフォローしよう!

スポンサードリンク







シェアしてくれるとうれしいです!(^o^)