メールアドレスのリンクをクリックした際に、Gmailが立ち上がるようにする方法

Windows上でOutlookが規定のメーラーなどに指定されている場合には、エクセル上に記載されているメールアドレスリンクやWeb上のアドレスリンクをクリックすると、勝手にOutlookが立ち上がってしまいます。

Gmailをメインで利用しているユーザーは、既定のメーラーにGmailを設定できないため、アドレスのコピペ等で対応している場合も多いかと思います。
そこで、今回はメールアドレスのリンク(mailto)をクリックした際に、Gmailが自動的に立ち上がる方法を紹介します!

Google Chromeを利用する

Gmailを直接開くようにする設定にはGoogle Chromeを利用する必要があります。

Google Chromeのハンドラという機能を利用することにより、ブラウザ上でメールを開くことができます。

ハンドラ: Chrome では、ウェブサービスを使って特定のリンクを開くかどうかをウェブサービスからユーザーに尋ねることが可能です。このようなリンクの例としては、メール プログラムを開くリンクが挙げられます。Gmail または Hotmail を使用している場合は、この設定を使って、ブラウザ外部でプログラムを開く代わりにサイト上でリンクに対応できます。

ウェブサイトのコンテンツの設定を調整する -Chromeヘルプ

mailtoリンクをGmailで開くためのプロトコルハンドラの設定

プロトコルハンドラの設定方法について説明します。

Google Chrome設定でハンドラを許可する

  1. 右上の『三』ボタン(Google Chromeの設定ボタン)をクリック
  2. 「設定(S)」をクリックし表示された設定画面の「下部詳細設定を表示…」をクリックして、詳細設定を表示させる。
  3. プライバシーセクションの「コンテンツの設定…」をクリック
    コンテンツ設定
  4. ハンドラセクションの「サイトからプロトコルのデフォルトハンドラとしての登録を許可する(推奨)」のラジオボタンを有効にします
    Chromeでのハンドラ設定  

Gmailの画面からサービスハンドラのインストールを行う

  1. Gmail画面にアクセスすると、URLが表示されるバーの右側にひし形が二つ並んだようなマークが表示されています。
    URL横ハンドラアイコン
  2. このマークをクリックすると「すべてのメールリンクを mail.google.com で開きますか」と表示されます。
    ※Inbox by Gmail上の場合には inbox.google.com の表記になります。
    ハンドラ許可
  3. 許可を選択することでハンドラの設定が完了します。
      設定後にプロトコルハンドラの設定(Chrome設定画面)を確認すると、有効にしたサイトのURLが登録されます。
    有効なプロトコルハンドラ  

Excelに記載されたメールアドレスをクリックした際にGmailの新規作成画面が表示される。

以下の画像はInbox by Gmailの新規作成画面です。Excelのセルに入力された hogehoge@gmail.com のリンクをクリックするとChromeブラウザが立ち上がり、Inbox by Gmailでの新規作成画面が立ち上がります。

Excelでアドレスをクリック
新規作成画面

Gmail画面で「プロトコルハンドラアイコン」が表示されない場合

稀に、プロトコルハンドラアイコンが表示されない場合があります。その場合には一度、Google Chromeのキャッシュをクリアして、一度ブラウザを閉じた後に、再度立ち上げ直してみてください。

そうすることで、表示されなかった「プロトコルハンドラアイコン」が表示される場合があります。

最後に

最近は、Gmailをメインのメールアドレスとして利用し、「プライベートでOutlook等のメーラーを利用する人はそこまで多くないのではないのでしょうか。

もし、Gmailをメインで利用している方は参考にしていただければと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSHIN@nabakari.comをフォローしよう!

スポンサードリンク





シェアしてくれるとうれしいです!(^o^)