スキースノーボードのフェイスガードにはネックウォーマーよりもバラクラバがおすすめ

寒い日が続きますが皆様 元気でお過ごしでしょうか。

バカは風邪をひかないとは言いますが、 僕はインフルエンザがめちゃくちゃ流行っているにもかかわらずピンピンして過ごしております。

やっぱり能天気 は風邪をひかないんですかね〜

ということで、 表題のバラクラバですが皆様ご存知でしょうか?

正直なところ僕は最近まで知りませんでした(^o^;

従来のネックウォーマー・フェイスガードからバラクラバがメインに変わる

最近スノボーに行く際にそろそろゴーグルでも買い換えようかな〜なんてスポーツショップに行ったところ

そういえば フェイスガードもボロボロだったな⁉と思って ネックウォーマーのコーナーを見て回っていみたところ
色々なタイプのネックウォーマーがあって、どれが一番いいのか迷んでしまいました。

そんなとき 目についたのがこのバラクラバという商品。

こんなの↓

一見すると今までもよくあったようなフェイスガードという感じなんですけど、元々はミリタリー系では昔からあったのかな?

こちら色々と便利な機能が付いていて店員さんにものすごいおすすめされました!

見た目暖かさ 使いやすさの三拍子が揃っている

物によっては単なるフェイスガードが大きく覆われた版のも多いのですが、僕がオススメするのは

ドローコードで締められるバラクラバです!

かぶれる部分と 口元を覆う部分 が一緒になっているんですが、口元を覆う部分がキュッと締めることができるようになっています!

この構造の何がいいのかと言うと、 ネックウォーマーのようにゆるくたるみがある状態ではなく 顔をしっかりと守ってくれるので、風邪が強く寒い時や吹雪の時にもかなり風を遮断してくれます。

また帽子になっている部分も締めるれる構造になっているので、よほどすごい風が吹かない限り帽子も取れにくくなっています。

そして そんなに寒くない時には帽子の部分を後ろに下げて 普通のネックウォーマーのような感じで着けていられるので、 見た目もオシャレで、邪魔にならないところがめっちゃ良いんですよね♪

この、吹雪でない場合にどこかにしまっておかなくても、普通にオシャレな防寒対策になる所が気に入ってます!

ネックウォーマーの場合には、 じゃまになりにくく防寒にはなるものの、吹雪の時など本当に寒い時に雪や風を遮断することが難しいです。

また、フェイスガードの場合は吹雪の時にはしっかりと顔を覆って守ってくれるんですが、そうじゃない時は熱いしムレるし、ずっとつけていられない場合が多いので邪魔になり、どこかにしまわなくてはいけない事がよくあります。

鼻から下だけを覆うフェイスガードの場合は、ニットと合わせる耳の部分をうまくやらないと風邪が入ってきてしまったりと、調整が面倒なことも。

でもこのバラクラバの場合には両方の利点をそのまま使えるし、邪魔にならないんです。

そして、店員さん曰く、ネックウォーマーよりも実際にこっちのほうが暖かいっす!とのことw

スキー・スノーボードに行く方はぜひバラクラバを試してみてください~!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSHIN@nabakari.comをフォローしよう!

スポンサードリンク







シェアしてくれるとうれしいです!(^o^)