楽天Edyのメリットまとめ!普段の買い物で便利にポイントも二重に得られる方法をまとめてみたよ!

キャッシュレス街道まっしぐらのSHIN(@nabakari_shin)です。

SIMフリーのスマホの中にもどんどんとFelica対応(おサイフケータイ付き)のスマホが増えてきましたね!

時代の流れもどんどんとキャッシュレス決済へと移行しています。

キャッシュレスになることで、手間を減らせるのはもちろんですが、

同じお金を払う際に同時にポイントも付くので、よりお得に支払いができるわけです。

場合によってはキャッシュカード側のポイントとキャッシュレス決済時に付与されるポイントとの二重取りもできます。

SHIN
スマホ片手に財布も出さずに支払いができるようになるだけで便利なのに、おまけにポイントまでつくとかもっと早く利用すればよかった!

今日は「キャッシュレス決済」の中でも、JRの「Suica」の次に普及してるであろう 楽天Edy について、おサイフケータイ付きスマホへのお得な導入方法を紹介します。

おサイフケータイを利用しなくても、Felica搭載の楽天ポイントカードで楽天Edyを利用することもできますが、今回はスマホでの決済に特化して紹介しています!

楽天Edyとは

ガラケー時代からあるおサイフケータイのシステム「Edy」を展開していたビットワレットという会社を楽天が買収し、現在「楽天Edy」という名称で展開しています。

お店での会計時におサイフケータイ付きスマホを近づけるだけで、決済ができる便利なシステムです。

楽天Edyに電子マネーをチャージしておくことで利用ができ、楽天Edyで決済を行うことでポイントも貯まります。

コンビニ各社を始め、様々な店舗で利用ができ、利用可能な店舗も非常に多いです。

楽天Edyの特徴
  1. おサイフケータイ付きスマホをかざすだけで支払いが可能
  2. コンビニ等で現金チャージができる
  3. クレジットカードを登録しておけば、スマホだけでチャージが可能(オートチャージも可)
  4. 楽天Edyの利用でポイントが貯まる
  5. 以前から普及しているEdyのため、利用可能な店舗が多い
  6. 獲得できるポイントが楽天ポイントだけでなく、ANAマイルやTポイント、Pontaポイント等から選べる
  7. 貯まった楽天ポイントを楽天Edyにチャージして利用できる
  8. 楽天Edyにチャージするだけでもポイントを獲得できる

楽天Edyの使い方

楽天Edyは、コンビニなどの様々な店舗で利用することができますが、利用方法はすごい簡単。

支払いの際に「楽天Edyで!」と一言伝えるだけ。

お店の方が楽天Edyを読み取るようセットするので、後は対応端末へスマホをかざすだけでOKです。

チャージはコンビニやコーヒーチェーンなど楽天Edy加盟店のレジでチャージすることができます。

セブンイレブンのATMでもチャージできるようになりました。

また、クレジットカードを登録しておけば、足らないときに自動的にクレカでチャージして支払いができるオートチャージにも対応しています。

注意!
楽天Edyにチャージできるのは、特定の発行会社のカードのみです。

楽天Edyでは貯めるポイントを選べる

通常企業のプラットフォームで決済をした場合、その企業独自のポイントが付与されるのが一般的ですよね?

しかし、楽天Edyの場合は楽天スーパーポイントをはじめ、Tポイント、Pontaポイント、リクルートポイント、マツキヨポイントなどなど様々なポイントを選んで貯めることができます。

楽天Edyを利用することでポイントが貯まるにもかかわらず、楽天カードではないポイントをゲットできます




楽天Edyをスマホへ導入して賢くポイントを貯める方法

楽天Edyをスマホへ導入するには、楽天Edyのアプリをダウンロードし、アプリ内で利用の手続きをすればすぐに利用可能です。

しかし、コンビニなどで現金チャージをするのであれば問題ないのですが、クレジットカードからのチャージしたい場合、クレジットカードによっては利用できないものがあります。

また、チャージでのポイントが付くクレジットカードとチャージはポイント付与対象外のものがあります。

なので、チャージをした際の付与ポイントの多いクレジットカード、または自分にとって利便性の高いクレジットカードを登録して利用するのが良いです。

ちなみに、楽天Edyに登録をして、後からカードを追加することも可能です。

そして、楽天Edyを利用する上で利用価値が高いクレジットカードはズバリ2種類しか無いと思っています。

それは、 楽天カード または リクルートカードです!

基本はポイントチャージで利用ができる楽天カードでよい

楽天カードのメリットは 楽天ポイントをそのまま楽天 Edy にポイントチャージができるため 利便性が高い ということです。

しかし、チャージする際のポイント還元率は 0.5% のため、他のカードを利用するよりも付与されるポイントが少ない可能性があります。

その反面、 楽天スーパーポイントからチャージした場合にチャージ額が3%増額されるキャンペーンが行われたり、楽天ポイントを貯めるようにしている場合にだけ期間限定でポイント2倍になる提携店舗のキャンペーンなどがあるのでうまく利用することで高還元になります。

楽天ポイントが貯まれば、ポイントから楽天Edyにチャージして利用するだけなので、楽天Edyと獲得ポイントとを別々に使う必要が無いという意味で、面倒が無い点も魅力です。

Pontaを利用する環境があればリクルートカード一択!

リクルートカードポイント還元率が1.2%と還元率がかなり高いです。

また、リクルートポイントは Ponta ポイントに簡単に交換することができるので、ローソンや大戸屋、ホットペッパーの予約やGEOなどで利用ができて利便性もかなり高いです。

通常のカードはだいたい1%程度のところが1.2%と高還元な上、楽天Edyの利用で0.5%のPontaポイントが付くので、1.7%の超高還元率になります。

ローソンをちょくちょく利用するなど、Pontaを利用する機会がある場合には還元率の高いリクルートカード1択です。

楽天Edyをスマホで利用する手順

楽天Edyを利用するには楽天Edyのアプリをインストールします。

利用の方法やチャージ設定の仕方、クレジットカードの登録については 楽天Edy公式サイト にて手順が詳しく掲載されているので確認ください!

財布すら出さないので クレジットカードでの支払いよりも簡単に、しかもそれ以上にポイントが貯まる楽天Edy、本当に便利なのでみなさんもぜひ導入してください。

カード型定期券をモバイルSuicaへ移行(引き継ぎ)する方法が簡単だったので解説

2018.10.21

OPPO R15 Pro が最強!?防水&おサイフケータイ付きSIMフリースマホ

2018.10.16

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSHIN@nabakari.comをフォローしよう!

スポンサードリンク







シェアしてくれるとうれしいです!(^o^)